『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント』を読んだ

『貧乏人のデイトレ 金持ちのインベストメント ノーベル賞学者とスイス人富豪に学ぶ知恵』
北村 慶(著)

【要約】
格差社会を生き抜くために「資産運用リテラシー」を身に付けるべし、すなわち、「トレーディング型(短期売買)」の運用ではなく、「インベストメント型(長期投資)」の運用をすべし

【トレーディング型運用(短期売買)のデメリット】
・ゼロサムゲームであること
・市場に勝ち続けることは容易ではない
・多くの時間と労力を費やすため生活の質を悪化させる

【インベストメント型運用(長期投資)のメリット】
・費やす時間と労力が少ないため生活の質を維持できる
・理論的、また、実践的裏付けがある
・普通の市民が「個人」であることのメリットを最大限に活かすことができる(1年ごとのパフォーマンスを気にせず長期的な視点で運用できる)

【推奨の運用方法】
世界の市場にまんべんなく投資する長期・国際分散投資
(β戦略、ポートフォリオ理論、インデックス投資)


【感想】
「トレーディング型(短期売買)」の運用ではなく、「インベストメント型(長期投資)」の運用をすべし、という内容には納得感があった。しかし、資産運用を実施するべき理由として、格差社会について長々と書いている点に違和感があった。

資産運用すべき理由が格差社会と言うのはちょっと違うように思う。負け組に資産運用がおすすめなら、勝ち組にも同様におすすめだ。と言うよりも、勝ち組の方が元金が大きいので負け組以上におすすめなのかもしれない。資産運用すべき理由は、単純に、老後やインフレへの備えや、生活の質向上のためで良いのではなかろうか。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-10-31 03:14 : 投資読書 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム