資本主義経済の成長に賭けるといよりも、労働者・経営者・物言う株主の頑張りに便乗する

自分はインデックスファンドを用いた長期分散投資(インデックス投資)を実施している。

インデックス投資と言うと、『資本主義経済の成長に賭ける』という考え方がオーソドックスなのかもしれないが(参考:読書メモ7『ほったらかし投資術』)、個人的にはこの考え方にしっくりこないものを感じてきた。

例えば次のような疑問を抱いてしまう。
1.本当に資本主義経済は成長を続けるのだろうか?
2.成長を続けたとしてインデックスに反映されるのだろうか?
3.そもそも、資本主義経済の成長とは具体的に誰が何をやってその結果どうなることなのか?

そこで、次のように考えることにした。
インデックス投資(株式)は『労働者・経営者・物言う株主の頑張りに便乗する』投資手法である。
個人的には非常にしっくりくる。労働者と経営者と物言う株主が頑張れば株価に直結するだろうから。逆にいうと、3つのうち1つでも欠ければ株価アップの恩恵に預かれない可能性が高くなる。

もっというと、彼らの家族や消費者の恩恵も受けている。と言うことで(大げさに言うと)、労働者から消費者まで非常に多くの人々の日々の行動が自分の投資を支えてくれているとも考えることができる。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-11-23 11:32 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム