「米国利上げ」「COP21」と長期投資

投資の観点から米国の利上げが気になっている。

しかし、長期投資を実施しようとしている身としては、米国の利上げよりも第21回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP21)を気にすべきと思い直した。

短期的な視点(数年後程度)では、地球温暖化よりも米国の利上げの方が投資に与える影響は大きいかもしれない。しかし、長期的な視点(数十年単位)に立つと、今現在の米国の利上げよりも地球温暖化対策の行方の方が投資に与える影響は大きいだろう。

と言うことで、米国の利上げで新興国経済が打撃を受けそうだから新興国投資のチャンス到来かも(逆張り)、などと考えるべきではなかった(ついつい考えてしまったが・・・)。

ではなくて、COP21の「パリ協定」には目標の達成義務がないため各国が本気で取り組むはずもないだろうから、地球温暖化が止まらないことを前提とした長期投資の戦略を立てるべきだ。例えば、比較的暑い国の多い新興国は地球温暖化の影響が大きそうなので、予想されているほどには発展できないかもしれない、新興国への投資を抑えるべきかも、などと考えるべきだった。


いやいやそんなことよりも、地球温暖化で今後ますます雪不足がひどくなりそうなので、投資を後回しにしてでもウインタースポーツを今のうちに楽しんでおくべきかもしれない・・・(新興国への投資を気にしているうちに気軽にスキーに行けなくなっちゃうよ)
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2015-12-19 16:06 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム