持ち家か賃貸か リスクとコストのバランスを考えると・・・

『退職金貧乏 ―定年後の「お金」の話』塚崎公義(著) という本を読んでいると、持ち家にすべきか借家(賃貸)にすべきかに関して以下のような記述があった。この本はおおむね納得できる内容であったが、この部分はすんなり納得できなかった。

持ち家か借家か ― という選択に関しては、本書の主要関心事項である「長生きのリスク」と「インフレのリスク」に備えるという観点から、持ち家を選ぶべきです。今後何十年も家賃を払い続けて、しかもインフレで家賃が上がり続ける、といった状況は、ぜひとも避けるべきだからです。


田舎の一戸建て(親の持家)で生まれ育った賃貸生活のサラリーマンの視点から、この問題(持ち家or賃貸)について考えてみたのでメモ書き。


【結論】
自分の置かれた状況では現状通り賃貸が良さそうだ。その理由を一言でいうと、持ち家はリスクが高そうな割にはコスト的に大きなメリットがあるわけでもなさそうだから。つまり、コストが同等程度であれば、リスクの小さい賃貸が良い。


【賃貸の方が良さそうな点】
・持ち家を買うために借金するのは避けたい
・持ち家に資産を集中させたくない(資産を分散させたい)
・持ち家は将来発生するコストを予想しづらい
・転勤や周辺環境悪化などの恐れを想定すると気軽に引っ越せる賃貸が良い
・耐用年数的に持ち家に一生住むことができるのか疑問
・今現在の住環境(賃貸)に不満がない(むしろ気に入っている)
・持ち家は自然災害(地震など)による損害が怖い
・持ち家は欠陥住宅や手抜き工事の物件を選んでしまう恐れもある


【持ち家の方が良さそうな点】
・持ち家は好きなようにリフォームできる
・賃貸は老後も問題なく借りることができるか疑問


【その他】
・持ち家に対する憧れはない
 (家を持ったところで生まれ育った実家以上の思い入れを抱かないだろう)
・コスト的には使い方次第であり、どちらが圧倒的に損とか得とかなさそう
・インフレ対策は持ち家でなくても、株などのリスク資産への分散投資で良さそう
・資産を家や土地で持たなくても、株などのリスク資産への分散投資で良さそう
 (よっぽど資産が増えればその一部を家や土地で持つのもありかもしれないが)
・子供がいたらもう少し持ち家のメリットが増えるかも?


と言う感じ。


個人的には大差で賃貸と思うけど、なぜ著者は上記引用部分のような結論に至ったのだろうか?と言う疑問は残る・・・
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-01-03 15:47 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム