株価下落で再認識 買値へのこだわりによる株安株高感

自分には、投資を始めた頃の株価にこだわりがあるように思う。

日経平均で約13500円
NYダウで約15000ドル
(2013年8月ごろ)

それが自分の中で一つの基準になっており、それよりも高ければ株高、低ければ株安。

現在株安が進行しているが、
日経平均:約17000円
NYダウ:約16000ドル
程度であり、含み損を抱えてしまったものの、株価的にはまだまだ株高感がある。

積立投資を実施している身としては、積立て中は株安であって欲しいため、投資を始めた頃の上記株価よりも安くなってくれないかなどと考えてしまう。

また、新興国だけは投資を始めた頃よりも安くなって株安感があり、今投資するなら新興国か!、などと考えてしまう。


と言うことで、投資を始めた頃の株価に影響された、偏った株安株高感が自分の中にあり、注意が必要と改めて感じた。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-01-23 07:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム