ユーロが破綻したらインデックス投資はどうなるだろうか?

『ユーロ破綻 そしてドイツだけが残った』(竹森俊平 著) と言う単一通貨ユーロの抱える問題点について書かれた本を読んだ。

自分が理解した範囲で要点をメモ書き。


単一通貨の課題は、
課題1.国ごとの金融政策をとることができない
課題2.国ごとの競争力格差が為替レートの変化で調整されない

上記2つの課題より、
単一通貨導入は経済状態が近い国々の間でないとうまくいかない。
あるいは、競争力のある国が競争力の無い国を支援するか。

しかし、ユーロ導入国はドイツとギリシャのような競争力の異なる国々からなる。
また、競争力のあるドイツは競争力の無いギリシャを支援したくない。

したがって単一通貨ユーロはうまくいかないと言う結論。


と言うことで、正しく理解できているのか怪しいが、ユーロは大丈夫なのかと心配になった。そもそも、このような問題があることはわかっていただろうに、なぜユーロを導入したのだろうか?場の空気だろうか?それとも本当はそれほどひどくないのか?

もし、ユーロが破綻したらどうなるのだろうか?100年に一度と言われた世界金融危機以上のショックだろうか・・・株式のインデックスファンドは半分以下とか1/3以下とかになるのだろうか・・・もっとひどいだろうか・・・


また、もしかしたら新興国はユーロ以上に危ない状況だったりするのだろうか?そして日本は・・・?アメリカは・・・?


勘ぐればきりがないが、最近の株安はまだまだ序の口かもしれない・・・、と頭の片隅にとどめておくことにする
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-01-23 17:22 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム