敵を知り己を知って資産形成 その2

先日のエントリにて、コミュニケーションにおいて相手を理解すること(何を見て、何を考え、何をする人か)が重要と考えた。(参考:敵を知り己を知って資産形成

本エントリでは、相手を理解する上で重要と考えるもう一つの点について書く。それは、相手の立場に着目すること。

同じ人間でも立場によって行動(何を見て、何を考え、何をするか)を使い分けるだろうから、相手の人間性だけを考えても片手落ちだ。例えば、部下として上司と接する時と、親として子供と接する時では、同じ人間であっても随分と行動が異なるはずだ。

逆に、異なる人間であっても立場に共通した行動があるだろう。例えば、親に接する子供に共通した行動など。


まずは手始めに、自分自身が立場によってどのように行動を使い分けているのか、改めて観察してみたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-13 13:57 : 仕事 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム