ラップ型ファンド 下落局面でどうなった?

会社の確定拠出年金の選択肢の中に、いわゆるラップ型のファンドがある。

その特徴(分散投資コア戦略ファンドS)
・株、債券、REITだけでなくコモディティやヘッジファンドも組み入れられている
・市場環境に合わせて資産配分比率を見直す

ヘッジファンドを組み入れているため下落局面も収益獲得機会とすることができる、というような説明が当時の資料に書かれていた。また、各ファンドをリスク×リターンのテーブルに図示した中で、ラップ型のファンドだけローリスク・ハイリターンの位置づけであった。

そんなうまい話はないだろうと敬遠していたが、頭の片隅ではずっと気になっていた。


直近の株価下落を好機到来とばかりにチェックしてみると、収益獲得とはいかなかったようで普通に下落していた。ここからの巻き返しがあるのだろうか・・・??
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-02-28 06:03 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム