『非日常的な時間』を得る手段としてのインデックス投資?飲酒?仕事?

「パンツをはいたサル」(栗本慎一郎 著)という本からの抜粋。生きていくには非日常的な時間が必要というはなし。

私たちは、秩序にがんじがらめに縛られて働きつづけたら、おそらく若くして老いるだろう。悲しいことに、日本人はリオのカーニバルや、原始共同体の祭りのように、共同体全員による一挙の蕩尽法を持っていない。
 やむなく、酒を飲んだり、競馬やマージャンのようなささやかなギャンブルによって、内に積もったエネルギーを消費し、わずかなおカネを「蕩尽(!)」している。そうやって、スズメの涙ほどの聖なる世界をのぞき見て細々と生きていけるわけである。


自分は非日常的な時間を持てているだろうか?考えてみた。

候補1:大好きな飲酒
候補2:インデックス投資というささやかなギャンブル
候補3:サラリーマン/仕事という名の祭り


まっさきに頭に浮かぶのは飲酒かな。今もブログを書きながら土曜日の朝から飲んでいる・・・。(これも生きていくため・・・?)

最近はサラリーマン/仕事は一種の祭りのようなものだと感じており、ある意味非日常的かもしれない。毎日がカーニバル状態!?、正気ではやってられない・・・。

個人的にはインデックス投資もささやかなギャンブルの範疇かな・・・。


思い浮かぶ非日常的な時間はこんな感じだが、逆に、そもそも日常的な時間とは何だろうか?
変化の激しい現代社会で日常なんてあるのかな・・・??
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-03-19 12:08 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム