熊本地震のニュースを見て感じたこと サラリーマン失格?

熊本地震のニュースを見て、直接被害を受けていない立場で感じたことをメモ書き。

被災者であればこのようなことを考える余裕はなかっただろうし、逆に、遠く外国で発生したことであれば気にもとめなかったかもしれない。

(被災者からすると、なにノー天気なこと言ってんだという話と思うが)国内の遠い場所で起こったことというのは、考えるにはちょうど良い距離感だ。


まず、まったくもって不謹慎な話だが、このような自然災害の映像を目にすると、血が騒ぐような感覚を抱くことを以前から感じてきた。その理由を考えてみた。

理由1.単調な味気ない日常から抜け出せるかもしれない、という期待があるのかもしれない・・・。

理由2.ド田舎の農家の家系だがらかもしれない。すなわち、自然災害で精神的ダメージを受けるのではなく、自然災害に血が騒いで元気に飛び出していくくらいでないと、農家としてやっていけないだろう。(逆に、サラリーマン生活で血の騒ぐ感覚を抱くことのない自分は、サラリーマン不適合者なのだろう・・・)

理由3.地方都市とはいえ、飼育ケースの中で暮らしているかのような、安全?な人工物で囲まれた生活を送っているため、自然を感じること自体が単純にうれしいのかもしれない。



次に、資産運用に関して注意すべきと感じた点を書いてみる。

注意点1.金融資産を分散することはある程度可能だが、モノの(保管場所を)分散するのは困難。特に、自分自信を分散することはできない。

注意点2.ある程度の現金を所持していた方が良いのかもしれいない。カードを使うことが多いため、現金はほとんど持ち歩かないし、家にもほとんどおいてない。しかし、災害時にはもしかしたらカードよりも現金が必要かもしれない。

注意点3.将来に備えて蓄えたところで、自然災害で破壊されるかもしれなし、また、自分自身が破壊されるかもしれない。今のうちに消費する、今を楽しむ、のも重要だ。

注意点4.将来に向けてアレコレ備えたところで、想定できていない事態が発生するに違いない。十分な余裕をもった計画を立てる必要がありそうだ。


最後に、こんなことを書くのも社会人としてどうかと思うが、自然災害で会社がしばらく休みになったりしないかな~と変な期待?をしてしまう自分がいる・・・。少し病んできたかな・・・、飲み足りないか・・・。


ちなみに、熊本にまったく縁がないわけではない。熊本城の石垣にもたれてアイスクリームを食べている幼いころの写真が残っている(記憶にはない)。また、阿蘇にはツーリングやドライブで何度か行ったことがあり、大好きな場所だ。さらには、桃太郎電鉄(TVゲーム)でもお世話になった・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-04-17 16:26 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム