「自分の頭で考える」という罠

前回に引き続き『「ゼロリスク社会」の罠』(佐藤健太郎 著)からの抜粋。

 ここまで述べてきた通り、目の前に提示された情報を鵜呑みにせず、自分の頭で考え、疑うのは、大変に重要なことです。
 しかし、この「自分の頭で考える」ことは、時に大きな罠ともなります。前述のように、誰しもバイアスは持っています。偏った主観で物事を見続けていれば、すべてが歪んで映ることにもなりかねません。

「自分の頭で考えること」と「知識を身に付けること」の両方をバランスよく行うことが大切というはなし。

なお、バイアスを軽減するには、身に付ける知識を偏りなく「分散」させる必要があるだろう。それが難しいのだろうが・・・。


読書好きの自分としては、「自分の頭で考えること」よりも「知識を身に付けること」に比重が偏っているように思うので、今後は「自分の頭で考えること」にもう少し比重を移していきたい。


と言うことで、通勤電車で本を読むのを辞めて、考えたことをメモ書きしてみることにした。

これまでは、(電車の中で)いつも本を読んでいる「読書好きの人」と(毎日同じ時間に乗り合わせる見ず知らずの人に)思われていたかもしれないが、これからは、いつもメモしている「ちょっと変な人」と思われてしまうに違いない・・・。自意識過剰・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-05-15 04:19 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム