公的年金の財源は?

先日の日本経済新聞に公的年金の財源について書かれていた。自分自身よくわかっていなったのでメモ書き。

GPIFの運用資産残高は約140兆円だが、仮にこの資金だけで年間54兆円の公的年金支払いを賄うと決めれば3年以内で無くなってしまう。だからそういう仕組みにはなっていない。
 日本の公的年金は、現役世代が受給世代を支える世代間扶養。現役世代が払い込む保険料はほぼ全額が年金として支払われる。不足分は国家予算とGPIFで補う。54兆円の年金の支払いを35兆円の保険料と12兆円の国家予算、GPIFからの7兆円で賄う。つまり、GPIFの分担は全体の10%強にすぎない。

整理すると、
公的年金の年間支払額54兆円の内訳
・保険料から35兆円
・国家予算から12兆円
・GPIFから7兆円


GPIFの占める割合はなんとなくおもっていたより少ない印象。

個人的には、保険料は一旦GPIFに入るものだと思っていたが、とんだ間違いだったようだ。過去に勘違いエントリを書いていたかも・・・。


と言うことで、ちゃーもブログなんて勘違いや間違いが溢れていると思われ・・・。気付くの遅い・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-06-04 11:45 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム