アジア諸国と先進国の景気相関

「アジア経済、自立性高まる」と題した記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。アジア諸国と先進国の景気相関が弱まっているという話。

先進国との相関係数は90年代終わりに高水準にあったが、07年にかけて大きく下落。08年の金融危機後の世界同時不況で相関係数は一時的に急上昇するが、一段落すると再び低下し、最近はゼロあるいはマイナス水準で推移している。


相関は強まったり弱まったりを繰り返しているようだ。グローバル化の進展で相関は強まる一方かとなんとなく思っていたがそうではなかった。今後も強まったり弱まったりを繰り返すのだろうか。

今は先進国にしか投資していないため、相関が弱いという話を聞くと、アジア諸国(新興国)にも投資したい気になってくる・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-06-11 22:05 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム