ナマケモノとインデックス投資

「賢い個人投資家への道」と題した記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。インデックス投資(パッシブ投資)を勧める内容。

米国では「レイジー・インベストメント」(怠け者の投資)、「カウチポテト・インベストメント」(長いすでくつろぎながらの投資)と呼ばれる投資態度が注目されている。シンプルな投資方法を選択し、後はじっくり構えていれば良いというのだという。

多くの実務家や学者が提唱する「レイジー・インベストメント」のアイデアは単純明快だ。全ての米国株の値動きを示すトータル株式インデックス、米国外の全世界株式インデックス、米国総合債券インデックスに連動する投資やETFを3分の1ずつ組み合わせるのが代表的な事例だ。



アクティブ投資が獲物を追い求める「トラ」や「ライオン」としたら(動物に例えると)、インデックス投資(パッシブ投資)は省エネな「ナマケモノ」なんだな、とこの記事を読みながら思った。

ナマケモノが淘汰されずに生き残っているように、獲物を求めて走り回れば良い(頑張れば良い)というわけではなく、「頑張らない」というのも生き残る戦略の1つなのだろう。



人間(日本人)は、「頑張ること」を美徳と教えられるように思うので、投資においてもついつい頑張ってアクティブになってしまうのかもしれない。

投資に限ってはナマケモノになった気分で、頑張らないようにのんびりゆっくりいくのも大切なのだろう。しかし、ついつい頑張りたい衝動に駆られてしまう。頑張らないというのも実はなかなか難しい。

そういう意味では、ナマケモノはある意味すごいのだ。きっと、素早く動きたい衝動に駆られているに違いないが、その衝動をうまいことコントロールしているのだろう・・・。

と言うことで、とりえあず「ナマケモノ投資」を続けていきたい。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-06-25 13:27 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム