企業の不正に投資機会を見出す空売りファンドが日本に参入という話

「米空売りファンド日本参入」と題した記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。グラウカス・リサーチ・グループ、というファンド。

企業の不正会計や不完全なコーポレートガバナンス(企業統治)を見極め、空売りとリポート発信をする。

設立した11年からこれまで、株式を中心に22銘柄を空売り対象としてきた。うち7銘柄は3月末時点で価格が90%超下落した。5銘柄は経営者が告訴されている。


暴落を見越して、不正を行っている企業の株を空売りして利益を得るファンドのようだ。なるほど、こういう商売もあるのか。

このようなファンドの存在は、不正の抑止効果になるのだろうか?、それとも、企業を必要以上に縮こまらせるだけなのだろうか?

いちサラリーマンとしては、余計な仕事が増えないかどうか気になるところ・・・。



なお、既に目を付けている日本の企業があるようだ。この記事を目にした経営者たちの頭に不安がよぎったに違いない・・・。
数か月前から日本企業の調査を始め、現在3~4銘柄を対象に絞った。時価総額が大きい企業が中心だ。中でも注目する1銘柄は、会計上の減損処理が不十分であることに目を付けた。



関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-07-10 06:07 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム