良心のある世界 ない世界

「ヒロシマ 世界を変えたあの日」というNHK/英制作会社合作の番組がBSで放送されていた。

番組では、アメリカ人と日本人へのインタビューを交え、原爆が落とされる前後の日米の状況が描かれていた。


平和ボケした自分にとって、いろいろと考えさせられる番組だったが、その中でも特に、インタビューに登場した日本人の言葉が印象に残った。自分には想像のつかない大変な思いをされたに違いない。

被爆後の状況について、ある日本人の言葉。
あのときね、もう生きるためにはね、目についた人誰でも良かった。食べ物を持っている人を見つけるとね、もうとにかくその人を倒して、その人の持っているものを奪って生きて。憎いからじゃない、もうとにかく生きるのに必死だった。だからみんな口を閉ざしているんです。言えないんです。今、どうして生きているかと言うことが、言えないんですね。

別の日本人の言葉。
被爆直後は、これは今まで僕は黙ってたんだけど。もう人間としてのね、良心とか、全く無かったね。


他人を犠牲にしないと生きていけない状況に追い込まれると、「良心」はOFF状態になり、躊躇なく他人を犠牲にすることができるようになるのだろう。

一方、他人と協力した方が有利な状況になると、「良心」がON状態になり他人と協力するようになるのだろう。

ある意味よくできており、人類を繁栄に導いた性質の1つに違いない。



良心のない世界(良心をOFF状態にして他人を犠牲にしないと生きていけない世界)に足を踏み入れたことのない自分は、それだけで幸せ者だ。

今後も良心のない世界に縁のないことを祈るが、テロやクーデターなど世界は騒がしくなってきた・・・。

テロやクーデターまで行かなくても、サラリーマンを続けていると、そのうち良心のない世界の入り口くらいには到達するかもしれない・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-07-16 18:13 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム