「儲ける仕組み作り」 vs. 「儲けが儲けを呼ぶ仕組み作り」

ここ数日の日本経済新聞に対照的な記事が掲載されていた。

一方は「儲ける仕組み作り」に精を出した例、他方は「儲けが儲けを呼ぶ仕組み作り」に精を出した例といったところで、後者の大切さを実感した。


■「儲ける仕組み作り」に精を出した例
 『ライフネット生命』
  →ネット生保の草分けだが、後発との競争が激しくなり対面販売にも力をいれている状況


■「儲けが儲けを呼ぶ仕組み作り」に精を出した例
 『GAFA』
  →ネットワーク効果が働き「強い企業がより強く」なるビジネスを展開

※GAFAとは、グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムの頭文字を並べたものらしい



「わかりやすさ」と「安さ」を売りにしたライフネット生命がいかに強かったとしても、より安い生保が登場すると負けてしまう。それまでの優位はあまり役に立たないのだ。

一方、GAFAのビジネスはネットワーク効果が働くため、よっぽどのことがない限り強者は勝ち続けることができる。



サラリーマンである自分としては、単に目の前の稼ぎのために仕事をするのではなく、稼ぎを増やし続けられる状態になるにはどうすれば良いかという視点で取り組むことが大切なのだろう・・・。

関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-08-06 12:02 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム