生まれ持った才能の呪い・・・

日本経済新聞に「中所得の罠」というシリーズものが掲載されている。

その中で、「天然資源の呪い」という言葉が出てきた。気になったのでメモ書き。

経済学では、天然資源が豊かな国は工業化できないという見解が定着しています。これを「オランダ病」ないし「天然資源の呪い」と言います。

一見、天然資源が豊かな方が工業化できるように思う。しかし、天然資源の輸出に力をいれて製造業がおろそかになったり、資源権益を巡る争いが勃発したりするため、かえって逆効果となるようだ。


サラリーマンとしての才能に乏しい自分としては、これと同じような感じで、「生まれ持った才能の呪い」、という見解が定着されていればうれしいのだが・・・。

とは思うが、やはり「生まれ持った才能」はあるにこしたことはないだろう。「生まれ持ったお金を稼ぐ才能」や「生まれ持った仕事のできる才能」が欲しかったな・・・。



ちなみに、天然資源の乏しい日本が先進国になはれたのなぜだろうか?
過去にどこかで仕入れた知識も参考にして改めて考えを整理してみた。

1.大陸とは適度な距離があり、かつ、適度な大きさの島国だから
  →大陸からの文化を取り込むことができ、かつ、侵略されることがなかった
    また、外の世界に対する内側同士として団結できた

2.雨の多い比較的温暖な気候で、かつ、厳しい冬があるから
  →農業や冬への備えを通して、知恵や計画性を身に付けた

3.幸運が重なったから
  →近代化には1.による団結や2.で育んだ性質や
        その他もろもろの幸運がたまたまマッチした

自分の知識力と思考力ではこの辺りが落としどころだが、この繁栄が今後も続くとは限らない・・・





最後に、意味は同じでも「オランダ病」といより「天然資源の呪い」というほうが心に響く、言葉選びは大切だ。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-08-06 07:22 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム