「江戸」と「平成」  「閉じた世界」と「開かれた世界」

「開かれた世界を守るには」という英エコノミスト誌からの翻訳記事が日本経済新聞に掲載されていた。

開かれた世界(グローバル化された世界、リベラルな世界)が良いという論調で、最後は次のように締めくくられている。
リベラルな世界秩序が維持されるかどうかは、クリントン氏が大統領に選ばれるか否かにかかっている。


一見すると、なんとなく開かれた世界の方が良さそうに思うが、閉じていた(鎖国していた)江戸時代と比較して開かれた現在(平成)が本当に良いのだろうか?という疑問も感じてしまう。

だが、温暖化や核の脅威など国際的な問題を抱える中、今更閉じた世界には戻れない。

みんな仲良くは無理だろうが、武力衝突(→核戦争)を起こさない程度の関係を保ちつつ、開かれた世界を続けていくしかないのだろう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-08-06 18:16 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム