酔った勢いでインデックス投資の不都合な真実に気付いてしまった??

あまり大きな声では言えないが、今日は妻が出かけたため、昼過ぎから心置きなく飲んでいた。夏季休暇中でもあるため、効率重視やら因果律やら(妻の目やら)から解放されて思う存分無駄な時間を過ごすのだ・・・。


『ライブ・エイド』のDVDを見ながら飲んでいると、観客の動きがランダムではないことに気が付いた。特に、QUEEN等の有名どころになると、観客間でフィードバックが働くためか観客の動きが揃っている。

そういえば、そもそも観客の人口密度の高さが尋常ではない。自然界ではなかなか見られない現象だろう。以前『複雑で単純な世界 不確実なできごとを複雑系で予測する』という本を読んだときに出てきた「秩序ポケット」の状態ではなかろうか。というようなことをぼんやり考えながら飲んでいると、そもそも今現在の人類の繁栄は秩序ポケットの状態で「バブル」のようなものではなかろうかと思えてきた。以前記事にも書いたように人口の増え方が凄い。

ということで、インデックス投資の成功は経済発展を前提にしているようだが、経済発展は人類のバブル状態をさらに膨らませて崩壊させてしまいそうだ。つまり、ある意味、インデックス投資の成功と人類の繁栄はトレードオフなのではなかろうか・・・。

というようなことを書いていると、帰ってきた妻に冒頭部分を読まれて軽い警告を受けてしまった。お風呂に入ったようなのでとりあえずこのままアップするとしよう。酔った勢いで・・・。





以下、追記


一晩明け、酔いの醒めた頭で改めて考えてみると、人類全体の時間軸と自分個人の時間軸ではスケールが異なりそうだ。

つまり、人類全体がバブルから崩壊に至る時間は、自分個人の一生と比較して十分長いだろう。よって、個人的には人類がバブル状態にあることを気にしなくてもよさそうだ。バブルを膨らませてインデックス投資の恩恵を受けたとしても、膨らんだバブルが崩壊する頃には、既に自分の生きていた時代は過ぎ去っているだろう・・・。

不良債権の処理は後の世代に・・・。


ということで、現役世代には問題ないかもしれないが(むしろ好都合??)、後の世代にとっては不都合な真実かもしれない、という結論にしておこう・・・。





ちなみに、民主主義の社会では現役世代の声しか繁栄されないため、後の世代には不都合な真実が積み重ねられていくのだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-08-13 23:24 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム