米国株式の先行きは暗いのか?

米国株式の先行きを不安視するような記事が、13日と17日の日本経済新聞に立て続けに掲載されていた。

不安視する理由を次のような観点から説明していた。
1.失業率の推移
2.景気循環の間隔
3.ロバート・シラー教授が考案したCAPEレシオ
4.英国のEU離脱など世界経済の不安要因
5.株を買うために金融機関から借りた資金の残高の推移

中には次のような生々しい記述もあり妙に説得力があった。
井出氏自身、確定拠出年金では自らの資産のすべてを外国株で運用していたが「8日にすべて預貯金に替えた」。
※ニッセイ基礎研究所の井出氏


長短期金利差を挙げて、過熱も冷え込みもない適温相場が続くとの見方も書かれていたが、不安要素をこれだけ挙げられると明日にでも暴落してしまいそうな気になってくる(リスク資産のすべてを外国株式で運用しているけど大丈夫か??)。

ただ、このタイミングでどうすべきか判断する力も、どうするか決断する力も持ち合わせていない自分は、とりあえず現状維持で複雑系な市場の値動きに身を任せてみよう・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-09-18 11:28 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム