江戸の安定、戦後の安定、資産は安定?

『ピケティと代議制民主主義』という記事が先日の日本経済新聞に掲載されていた。
代議制民主主義が安定していたのは、長くて50年。(中略)拡大する経済の中で国民全体に分配が生き渡るからこそ、代表制は信頼された。(中略)だが、戦後の繁栄が例外だったとしたら、代表制の安定も例外だったことになる。

第2次世界大戦後数十年間の経済成長と格差縮小は例外だったと、経済学者トマ・ピケティ氏が論じたことを持ち出して、(経済成長と格差縮小の恩恵によるところが大きい)代議制民主主義下での戦後50年間の安定も例外だったのではなかろうか、ということ。


この記事を読みながら、江戸時代200年?の安定も例外だったのだろうか?と疑問に思い、考えてみた。

■戦後の安定
 競争社会で競争した結果、経済が成長して皆が豊かになった。プラスサムゲーム(経済成長下での競争)だったため、敗者の不満は少なく、安定した社会になった。
 しかし、経済成長が止まりゼロサムゲームのようになると、敗者の不満が多くなり、社会が不安定になってきた。

■江戸時代の安定
 徳川家の安泰を実現させる政策は、徳川家への脅威を排除する政策であり、それは結局、社会に安定をもたらす政策であった。見方を変えると、安定志向の独裁者によって安定がもたらされたといったところか。
 しかし、徳川家の手におえない海外からの脅威にさらされると一気に不安定になった。江戸時代の安定も、例外的な安定とは言わないまでも、必ず終わりがくる安定だった。どれだけ備えを完璧にしたつもりでも想定外は必ず起こるのだ。



ということで、改めて考えるまでもなかったかもしれないが、やはり永遠の安定はなく、全ての安定は一時的なものだろう。自分の資産も例外ではない、もちろん自分自身も、そして人類も・・・。





※歴史には詳しくなく、思い込み(妄想)が多分に入っております・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-09-24 18:08 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム