トヨタの強さの秘密?

「トヨタの強さの秘密 -日本人の知らない日本最大のグローバル企業」(酒井崇男 著)という本を読んだ。

やたらとトヨタと三河人をヨイショするところが読んでいて気になる本・・・(トヨタの強さの秘密は実は三河人にあるのか??)。


トヨタの強さの源泉は、よく取り上げられるトヨタ生産方式ではなく(今ではどこの会社も当たり前)、トヨタ流の製品開発にあるということを繰り返し繰り返し述べてはいるものの、トヨタ流の製品開発とは要するに何なのか?がいまいちよくわからない内容。

よくわからないなりに書くと、トヨタ流の製品開発の肝は主査制度にある。主査とは、担当する車の開発に最初(企画)から最後(販売)まで関わり、全責任を負う人であり、主として設計に精通した元設計者が選ばれる。要は、担当する車の社長のような位置づけであり、なんでもできるスーパーマン的な能力が求められる。

開発ステップごとに、デザイン・設計・生産・営業などの担当者が入れ替わり立ち代わり主査の指揮下で仕事を進めていく。R&Dまでもが、主査に採用されることを目指して研究開発するとのこと。

ちなみに、トヨタ流の製品開発は日本よりも米国で研究されており、アップルをはじめとするシリコンバレーの企業にも主査制度の影響があるようだ。例えば、スティーブ・ジョブズは主査型のCEOだったとのこと。


この複雑な世界で行われる商売が、仕組みだけでうまくいくとは思えないので、結局は働く人の能力、特に主査の能力が非常に重要なのだろう。


開発の最初(企画)から最後(販売)まで一貫して責任を持つ人を置くのは、良い商品を作るには非常に良いことと思う。自分も設計者の端くれとして、(能力は伴わないので)気持ちだけでも主査になったつもりで仕事に取り組みたい・・・。まずは三河人になりきるところからか?(そもそも三河人ってなんだ?家康?)。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-10-15 21:36 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム