利回り10%? オルタナティブ投資の対象広がる

「資金運用 対象ひと工夫」という記事が昨日の日本経済新聞に掲載されていた。

マイナス金利の影響で債券や株式では利回りが低い中、10%程度の利回りが見込まれるオルタナティブ投資の対象が広がってきているとのこと。

■投資対象の例
・森林や農地:木材や農作物の売却益を得る
・船舶:船舶の海運会社への貸出料を得る
・病院:保有不動産を中小病院に貸し出す賃料を得る


10%程度の利回りと書かれているが、そんなにうまくいくのだろうか?

本当にうまくいくのであれば、皆が殺到して利回りが低くなるだろうから、利回りが高いということは、それ相応のリスクがあるということだ。


ただ、オルタナティブ投資の良さそうな点は、投資対象が多岐にわるため、相関の低い投資対象がありそうなところだ。うまいこと分散すれば、リスク相応以上の利回りを得られるのかもしれない。それが難しいのだろうが・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-10-30 07:28 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム