自宅で保管している銃は侵入者よりも家族を殺す方が多い・・・

「子供に広がる銃社会」というフランスで作製されたドキュメンタリー番組が、NHKの「BS世界のドキュメンタリー」にて放送されていた。アメリカの銃社会を取りあげた番組。

その中で、次の言葉が印象に残った。
自宅で保管している銃は、侵入者を殺すより家族の命を奪うのに使われる方が42倍も確率が高いというデータもあります。


家族を守るための銃が家族の命を奪ってしまっている、というなんとも皮肉なはなし。

同様のことは核兵器についても言えそうだ。自分たちの命を守るための核兵器が、結局は自分たちの命を奪うことになるのだろう。


人間は、銃や核兵器を開発できる程度には賢いが、それをうまく使いこなせる程には賢くないということか・・・。


賢くない自分としては、銃ではなく、せっせと株式を保管するとしよう。株式は家族を救うことはあっても殺すことは無さそうだ。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-11-03 09:07 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム