分散投資で重要な相関係数は時代とともに変化していく

「投資配分 ロボアドで探る」という日本経済新聞の記事の中で、相関係数の変化について書かれていた。

1993年から2016年までの日本株式と外国債券の相関係数が図示されていたが、2007年前後で大きく変化している(2007年以前:0前後 → 2007年以降:0.7前後)。

すなわち、相関が小さく分散に適した組み合わせだったのが、2007年をを境に相関が大きくなってしまっている(つまり分散の効果が小さくなってしまっている)。

ということで、相関係数は時代とともに変わっていくので、今現在の相関係数を元にした最適な資産配分にそこまでこだわる必要は無さそうだ。

最適な資産配分は結果論でしかないのだ。




なお、自分の場合は、そもそも資産クラスを分散できていない(外国(先進国)株式オンリー)ので、もっと分散しようかな(新興国株式とか、債券とか、REITとか)。管理しやすいシンプルさをとるか、分散の効果をとるか、の間で揺れている・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-11-03 21:14 : 投資手法 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム