自分の老後資金対策すらできないのに地球温暖化対策なんて無理だな・・・

「パリ協定 効果期待できず」という英ファイナンシャル・タイムズからの翻訳記事が、先日の日本経済新聞に掲載されていた。
今のところ我々は気候変動を愚かにも直視せず、「何とかなる」と根拠もなく楽観視しているだけだ。
気候変動の問題が米大統領選でほぼ議論されなかったのは信じがたい。(中略)ひとえに今の現実が何を示しているのか、考えたいと思う人がほとんどいないためだ。
我々が今すぐ現実を認めない限り、何かが変わるという可能性はない。この点について、著者は悲観的だ。


上の抜粋からも伝わってくるように、地球温暖化対策は難しい問題だ。難しくしている原因を4点挙げてみた。

1.金儲けに利用されている(地球温暖化ビジネス)
2.目の前の生活が大変で対応が後回しになる(10年後・20年後よりも今日・明日が大切)
3.責任が分散しており誰も率先して対応しようとしない(傍観者効果)
4.地球温暖化の現状や将来がぼんやりしている(自分に都合よく解釈できる)

この中で、3.が一番やっかいな問題だろう。他人任せで誰も率先して対応しようとせず、気づいた時には既に手遅れかも・・・。



一方、将来の脅威に備えるという点では老後資金対策も似たようなところがありそうだ。上記4点が当てはまるか確認してみた。

>1.金儲けに利用されている
  → 〇当てはまる (金融機関の商売ネタになっている)
>2.目の前の生活が大変で対応が後回しになる
  → ○おそらく多くの人に当てはまる (今をどう生き延びるかが最優先)
>3.責任が分散しており誰も率先して対応しようとしない
  → ×当てはまらない(他の誰でもなく自分自身の問題だ)
>4.現状や将来がぼんやりしている
  → ○半分当てはまる(現状のお財布事情ははっきりしているけど、将来はぼんやりしている)

ということで、3.以外はおおむね当てはまりそう。

一番の問題となりそうな3.が当てはまらないということは、地球温暖化対策と比較すると難易度は低そうだ。

しかし、以前書いたように、多くの人は自分自身の老後資金に対して無頓着。したがって、それよりも難易度の高い地球温暖化対策なんて、まともな人間には無理そうだ・・・。



そういう自分も、自分が生き延びるのに精一杯。地球温暖化対策は誰かがやってくれるだろう・・・、手遅れになっても自分の知ったことではない・・・、そういうことにしておこう・・・。

その代わりにとっていはあれだが、老後資金はしっかり準備していきたい・・・。温暖化が進んで生活に支障をきたすようになれば老後の備えも無駄になるかもしれないが・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2016-11-06 14:46 : 雑記 : 編集
« next  ホーム  prev »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202005

検索フォーム