アラフォーからのコツコツ筋トレ・・・

アラフォーの自分が、今さらながら筋トレを始めてみた。

なぜ筋トレを始めてみたのか?

理由1:新たな趣味(自己満足を得る手段)になりそうなため
理由2:健康にも良さそうなため
理由3:お金も時間もかけずに気軽にできそうなため
理由4:筋肉を付けることでヤバそうな奴感を醸し出して仕事上(生存上)利用したいため

新たな趣味になるかどうか? ヤバそうな奴感を醸し出せるかどうか? とりあえず1年間続けてみるとしよう。


ということで、コツコツ投資による資産形成に加えて、コツコツ筋トレによる筋肉形成にも努めていきたい・・・。



なお、趣味と仕事の違いを改めて考えてみると、趣味は自己満足の追求、仕事は他者満足の追求と言えそうだ。

趣味は自分さえ満足できれば良く、自分が満足できないと意味が無い。

逆に仕事では、自分が満足するかどうかはどうでも良く、周りが満足しないと意味がない。さえない自分の場合は特に、自分の満足と周りの満足が食い違うことが多いため、自分が満足するかどうかで判断すると失敗の元になるので要注意。

そのように、仕事では自己満足を封印して他者満足に徹する必要がある自分は、せいぜい趣味の世界では自己満足を追求して心のバランスを保っておきたい。

筋トレが、そんな自己満足の源の一つになれば良いのだけど・・・。

そして、このブログも(今まで通り)自己満足に徹していきたい・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-22 12:20 : 雑記 : 編集

新型コロナで雇用危機 どう生き抜くか・・・

「雇用危機 防げるか」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
世界で雇用不安が広がっている。新型コロナウイルスの流行で経済活動が停滞。旅行や外食需要が消失し、ホテル・レジャー、運輸、小売りは実質休業に近い状況が広がる。こうした3業種の雇用者数は日欧米の全雇用者の4分の1に相当する1億人に上る。

感染拡大が止まらず、今の状況が長期化すれば、雇用や消費など実体経済への打撃は計り知れない。企業の破綻を防ぎ、雇用不安を緩和する政策が急務となっている。

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、世界で雇用不安が広がっているという話であり、サラリーマンの自分も他人事ではない話。

さえない自分は特に注意する必要がありそうだ。


そこで、さえないサラリーマンの生存戦略について改めて考えを整理してみた。

戦略1:とにかく健康第一 (さえないほどメンタルをやられそうなので要注意)
戦略2:さえなさを時間でカバー (能力がないなら時間をかけるしかない)
戦略3:出世や高給はノーサンキュー (能力以上の出世や高給は自分の首を絞めるだけ)
戦略4:低給を節約や投資でカバー (特に節約、とにかく節約、さらに節約、ときどき投資益)


式で書くと次のようなイメージとなり、能力が小さいならば、時間を増やすか、消費を減らすか、投資で増やすか、が必要となる。

金融資産
= (給料―消費) × (1+投資)
= ((能力×時間)―消費) × (1+投資)


ということで、以上のことを意識してなんとか生き抜いていきたい・・・。


そして、生き抜き損ねた場合に備えて、アーリーリタイアできるだけの金融資産をさっさと築いていきたい・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-22 09:16 : 雑記 : 編集

インデックス投資はおいしい話ではない・・・

「あなたのアパートは大丈夫?~岐路に立つ投資用不動産ビジネス」という番組がNHKのBSで放送されていた。

アパート経営にまつわるトラブルに関する内容であり、おいしい投資話には注意したいと改めて思った。


「おいしい投資」とはすなわち、リスクに比べてリターンが大きい投資と言えるだろうけど、もしそんな投資話があるのであれば皆が殺到するだろうから、わざわざ営業マンが営業に来るはずがなく、「おいしい投資話」を持ちかけられたら怪しいと思った方が良さそうだ。

よって、「おいしい投資」かどうかではなく(そんな話を持ちかけられるはずがない)、「リスクに見合ったリターンが得られる投資」かどうか(逆に言うと「リターンに見合ったリスクを負わされる投資」かどうか)を気にするべきと思われる。


ただ、素人がアパート経営をするにあたって難しそうなのは、リスクとリターンが見合っているのかどうかわからないだろうこと。

というより、リターンにばかり目がいって(というより営業マンから見せられて)、そもそもどんなリスクを負うことになるのかなかなかわからないように思う。


ということで、投資に手を出すときは、(おいしい投資話かどうかではなく)リスクとリターンが見合っている投資話かどうかを気にするようにしたい。

既に実施しているインデックス投資はどうかと改めて考えてみると、インデックス投資こそ(おいしい投資ではなく)リスクとリターンが見合った投資ではなかろうかと思う。

といっても、素人の自分は、インデックス投資のリスクとリターンが見合っているのかどうか実はよくわかっていないだろうけど・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-22 00:16 : 雑記 : 編集

コロナショックで痛感したこと・・・

2013年に投資を始めて以来、今回のコロナショックのような大きな暴落は初体験。

今のところは「安く買うチャンス到来」くらいに楽観的(能天気)に思っているけど、そう思えるのは(まだまだ積み立て中で挽回の余地がある)現役サラリーマンだからに違いなく、これが(挽回の余地があまりない)リタイア後だったとしたらと考えるとハッとさせられる。

つまり、今現在の投資内容をリタイア後まで続けると、リタイア後はリスク許容度を超えてしまいかねない・・・。


ということで、リタイア後の投資についてちゃんと考えてなかったことを痛感したので、今回のコロナショックをきっかけとしてリタイア後まで見据えた投資計画を考えていきたい・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-21 07:22 : 雑記 : 編集

社会に必要不可欠な仕事は儲からない・・・

「新型コロナと生活必需品の価値」という記事が先日の日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
現代社会では、人間が生きていく上で不可欠なものだからといって、その値段が高いわけではない。むしろ、多くの農作物や生活必需品は日ごろ、手ごろな価格で簡単に手に入れられる。その結果、その生産者の経営環境は決して楽ではないのが実情だ。他方、なくても日常生活に支障はない奢侈(しゃし)品が高値で取引され、一部の生産者に大きな利益をもたらしている。

価格は需要と供給のバランスで決まり、希少性の低い商品は仮に日常生活に必須でも、値段が安くなるというのは経済学の基本法則である。

商品の価格は必要性よりも希少性で決まる、というような話が印象的だった。

生活必需品に関する仕事は希少性が無いため儲からず、なくても生活には困らないけど希少性がある奢侈(しゃし)品に関する仕事の方が儲かるということ。


なお、衣・食・住が十二分に行き渡っている先進国では、極端に言うとほとんどの仕事は(生活必需品に関する仕事というよりも)奢侈品に関する仕事と言えそうだ。

そして、先進国の企業たちは、より消費者に好まれる奢侈品(より高機能高品質な自動車や家電、よりおいしいお酒やスイーツ、よりアクセス数を増やせるサイト、などなど)を開発するという、よくよく考えるとそれほど重要ではない競争に明け暮れている。

とは言え、お金を稼ぐためにはそれほど重要でない奢侈品に関する仕事をする方が効率的なため、自分もサラリーマンとしてそれほど重要ではない仕事(より高機能高品質な とある工業製品の開発)をしているということになる・・・。


ということで、これからもなんとかお金を稼ぎ続けるために、それほど重要ではない仕事に精を出していきたい。

もっと重要な仕事の方がモチベーションが上がりそうだけど、さえない(希少性に乏しい)自分はそんな贅沢を言っている場合ではなさそうだ・・・。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-21 07:03 : 雑記 : 編集

サラリーマンも命がけ やられる前にアーリーリタイア・・・

『三菱電機「8年で自殺5人」何とも異常すぎる職場』という記事が東洋経済オンラインに掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
2019年8月に自殺した男性新入社員が残したメモ。指導員から言われたという「殺すからな」「自殺しろ」などの言葉が記され、本人の母印も押されていた。

この指導員は同年12月、自殺を被害者にそそのかした「自殺教唆」の疑いで書類送検された。遺族の代理人である嶋﨑量弁護士は、「(企業のパワハラ事案が)労働法違反ではなく自殺教唆という刑法犯で送検されるのは、他に類を見ない特殊なケースだ」と話す。

社員を自殺まで追い詰めた要因の1つが、上司の暴言だ。「殺す」という直接的な暴言だけではない。多くの人の前で答えられない質問や人格否定を繰り返す行為が、被害者たちの残した記録からわかる。「部員の間で『説教部屋』と呼ばれる会議室があり、数時間にわたる叱責を受けた」など、長時間拘束する “指導”が複数の社員・元社員から聞かれた。

三菱電機と言えば好業績なイメージがあったけど、その好業績は社員の犠牲の上に成り立っているということだろうか?


同じくサラリーマンとして働いている自分も他人事ではない。今は大丈夫だとしても、この先パワハラ上司の下につくかもしれないし、殺伐とした職場に異動になるかもしれない。

さえない自分は真っ先にターゲットにされる恐れがあるので特に要注意。

そういう状況に陥ったらさっさと辞めることができるようにするためにも、やはり資産形成は重要だ。

そして、少しでもヤバそうな雰囲気を醸し出して、将来のパワハラ上司を躊躇させるためにも、筋トレでもして体をゴツくしておこうかな・・・。


ということで、自分の身を守るために、資産の形成だけでなくゴツイ体の形成にも努めておきたい(ちょっと方向性がズレてるかもだけど・・・)。
関連記事
関連ブログ
にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-03-21 00:08 : 雑記 : 編集
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・投資:パッシブに殖やす
・節約:消費するよりアーリーリタイア

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202003

検索フォーム