ドーパミンを制する者は人生を制する・・・

「脳内麻薬 人間を支配する快楽物質ドーパミンの正体」(中野信子 著)という本を読んだ。

脳内で分泌され、人に快楽をもたらす“脳内麻薬”「ドーパミン」について紹介する内容。


依存症の共通点は「ドーパミン」にある、というような話が印象的だった。
依存症の人の依存対象は多種類あります。物質ではニコチンやアルコール、プロセスとしてはギャンブルやセックス、人間関係では恋愛やカルト宗教……これらには一見何の共通性も無いように思えます。

つまり依存症の依存対象そのものには共通性がほとんどありません。しかし何の関係もないものが同じような症状を起こすはずはありません。実は一つだけ、重要な共通点があるのです。

その共通点は、これらの依存体質に接しているとき、人の脳の中にはドーパミンが分泌されているということです。初めて依存対象に接したとき、「意識する脳」である前頭連合野がそれを好きかどうか判断します。

つまり、人が何かに夢中になるとき、そこには必ずドーパミンが関わっているということ。

自分はお金やお酒や甘いものなどに夢中になってしまうけど、そこにももちろんドーパミンが関わっているに違いない。

すなわち、お金が増えるとドーパミンが分泌されるだろうし、お酒を飲むとドーパミンが分泌されるだろうし、甘いものを食べるとドーパミンが分泌されるだろう。

逆に考えると、ドーパミンの誘惑に駆られてついついお金を増やそうとしてしまうし、ついついお酒を飲もうとしてしまうし、ついつい甘いものを食べようとしてしまう・・・。


そのように考えると、なんだかドーパミンに人生が翻弄されしまっているように感じてしまうけど、逆に、ドーパミンをコントロールすれば人生がもっとうまくいくのかもしれない。

すなわち、ドーパミンの誘惑に駆られてついつい行動してしまうのではなく、ドーパミンを効果的に分泌するように意図的に行動する。

そのためにはまず、自分はどのようなときにドーパミンが分泌されるのかを洗い出し、そして、長い人生におけるドーパミン分泌量を最大化するための最適な行動の組み合わせを考える必要がありそうだ。

もちろん、依存症にならいような健全な行動の組み合わせを・・・。


ということで、「ドーパミンを制するものは人生を制する」と考えて、ドーパミンを効果的に分泌させる行動を意図的にとるように努めていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-07-10 23:21 : 雑記 : 編集

株式相場を信じすぎず疑いすぎず・・・

「投信積立額 半年で5割増」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
インターネット証券大手5社での投資信託の月間積立額は、6月末時点で471億円と2019年末比で5割増えた。老後に備えた資産形成への関心が高まるなか、新型コロナウイルスによる相場急落を長期投資への好機と見る個人が増えているようだ。

積み立て投資を手掛ける投資家も125万人と半年間で35%増えた。

コロナショックによって積立投資家や積立額が急増したとのことだけど、積立投資を始めるタイミングをうかがっていた人がたくさんいたということだろうか。

ただ、早くも株価はかなり回復してきているため、そういう人たちにとっては期待外れだったのかもしれない。

というより、そういう人たちがたくさん投資したからすぐに回復したのかも・・・。


そのように考えると、逆張り投資はある意味負のフィードバックであり、株式相場というシステムを安定させる働きをする。

まあでも、そういう逆張りな人たちがいつまでも逆張りでい続けるとは限らないので要注意。

さらなる暴落が始まるとどこかで順張りに転じる恐れもあり、正のフィードバックとなって相場を不安定にするかもしれない・・・。


ということで、順張り投資家や逆張り投資家や、順張りときどき逆張り投資家や逆張りときどき順張り投資家や、順張りのち逆張り投資家や逆張りのち順張り投資家や、どちらでもない曇り的な投資家や、曇りときどき晴的な投資家や曇りときどき雨的な投資家や、などなどが複雑に入り乱れている株式相場というシステムにおいて、すなわち、正のフィードバックや負のフィードバックが複雑に入り乱れている株式相場というシステムにおいて、株式相場を信じすぎず疑いすぎずとりあえず積立投資を続けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-07-05 11:37 : 雑記 : 編集

マイナス成長へのカウントダウン・・・

「コロナ前水準 24年度に」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
日本経済研究センターは1日、中期的な経済予測を公表した。

20年度中に国内でコロナ危機が収束する「標準シナリオ」では、21年度から経済が回復し始めるものの、コロナ拡大前の水準に戻るのは24年度になる。

32年度には人口減少などが響いてマイナス成長に転じる。

標準的なシナリオでも日本の実質GDPがコロナ前の水準に戻るのは24年度とのことで、コロナ禍の影響の大きさを改めて感じた。

なお、それ以上に気になったのは、人口減少などの影響で32年度にはマイナス成長に転じるということ。

32年度というと約10年後であり、カウントダウンは始まっていると言えそうだ・・・。

経済成長がマイナスに転じると(さえない自分は特に)失職や減収のリスクが高まりそうだから、なんとかあと10年でアーリーリタイアの目途をつけたいところ・・・。


ちなみに、世界的な感染拡大に歯止めがかからず、ワクチンの開発や普及に時間がかかる「悪夢のシナリオ」では、実質GDPがコロナ前の水準に戻ることはない(戻る前に人口減少などの影響でマイナス成長に転じる)とのことで、そうなるとコロナ前が日本の実質GDPのピークだったことになりそうだ・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-07-05 10:26 : 雑記 : 編集

日本人の常識は狭すぎる・・・

「世界のお笑い研究会開催!」という記事がニューズウィーク日本版(2019年8月13/20日)に掲載されていた。

お笑い芸人のパックンと、ジャーナリスト・実業家・タレントの周来友氏、お笑い芸人のチャド・マレーン氏、ジャーナリストのナジーブ・エルカシュ氏の計4人による日本のお笑いをテーマとした座談会。

日本人の常識に関する話が印象的だった。
ナジーブ 私の中では一つのセオリーがあって、日本人はすごくしっかりしている。常に完璧な形があり、それがちょっと崩れると笑える。だから、転んだとか雨にぬれたとか、それだけで面白くなるじゃないか。
パックン ちょっとしたずれが笑いになる。われわれ外国人のお笑い芸人がすぐに気が付くのは、日本の常識がすごく……。
チャド 狭いんですね、共通している常識が。
パックン そうそう。常識が決まっているわけ。アメリカだと非常識も含めて常識というか。
チャド 文化も宗教も、いろいろあるから。
パックン だらか、英語を間違えたって大して笑えない。
チャド 「ボビーと思います」とかね。日本だとこれだけでウケる。「ボビーと申します」じゃなくて「思います」
パックン ボビー(・オロゴン)さんがね。お約束のネタですね。ほかにも、社長にタメ口で話すだけで笑いになる。「社長、元気か」「平社員の口調じゃねぇよ」ってね。アメリカだと常識が広すぎるから、もっと極端なことをやらないと笑えない。

確かに、日本社会においては、こういう場合はこうするべきという常識がかっちりと決まっているケースが多く、そこから外れることに対して寛容ではない。

すなわち、許される常識の幅が狭すぎると言えそうであり、それが日本社会をスムーズに回しているという側面もあるのだろうけど(いわゆる「阿吽の呼吸」が成り立つ)、生きづらさの一因にもなっているに違いない(いわゆる「出る杭は打たれる」ことになる)。


これは日本社会全体の話だけど、その中でも視野が狭く周りが見えていない(いわゆる「木を見て森を見ず」状態の)自分は特に要注意。

幅の狭い常識を自分で自分に押し付けて、勝手にがんじがらめになっているような・・・。


ということで、特に資産形成の場面においては、日本の狭い常識や自分の狭い常識に縛られることのないように、非常識も含めて常識と考えて、あるいは常識は非常識と考えていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-07-05 04:07 : 雑記 : 編集

このブログも8年目 継続できた理由・・・

普通貯金オンリーだった自分が資産運用を思い立った2013年6月に始めたこのブログも、だらだらと書き続けて8年目に突入した。

なぜ継続できたのか? その理由を改めて考えてみると、以下のような理由が挙げられる。

理由1.テーマのお金(資産形成)はすごく興味があり気になる分野だから
理由2.テーマのお金(資産形成)を取り巻く状況は日々変化するためネタが豊富だから
理由3.読者満足よりも自己満足を最優先しているから

さらに、このブログのおかげかどうか不明だけど結果的に順調に資産形成できているため、という理由もあるかもしれない。


理由はともあれ、引き続き資産形成が順調にいくようにというゲン担ぎの意味も込めて、この自己満ブログをひっそりと書き続けていきたい。

そして、その甲斐もあってのアーリーリタイアをなんとかして実現していきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-07-04 18:34 : 雑記 : 編集

今の株高はバブルなんかじゃない・・・

「今の相場はバブルじゃない」という記事が日本経済新聞に掲載されており気になった。

記事からの抜粋。
バブルが成立するには、その時点で、ほとんどの市場参加者がバブルだとは露とも思っていないことが必要だろう。多くの投資家がすでに割高と判断を始めれば、その水準からバブルが完成するまで買い上げる向きは、現れないからだ。バブルの渦中では、皆が「いかに今の価格が妥当なのか」と、自身の買いを正当化するのに忙しいはずだ。

新型コロナウイルスの流行が続いているにもかかわらず、主要国の株価が3月の安値からかなり上昇してバブルになっている、という主張をよく耳にする。ただそういう声が多いならば、今はバブルではない。なので、これからバブル崩壊という形での大幅な株価下落はないだろう。

誰もバブルとは思わない状況だからこそバブルが成り立つ、というような話であり、なるほどと思った。

素人の自分が心配するくらいだから、まったくもってバブルではないのかもしれない・・・。


とはいえ、今後の新型コロナウイルス感染拡大が皆の想定を上回ったら株価の暴落も大いにあり得るに違いない。


ということで、今の相場はバブルではないのかもしれないけど、何かコトが起きればいつでも暴落は起きうることを想定して投資を続けていきたい・・・。
関連記事

にほんブログ村
(^_^)/ にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ (^▽^)/ にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ (^◇^)/ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
2020-07-04 15:12 : 雑記 : 編集
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

ちゃーも

Author:ちゃーも
■自己紹介
・アラフォーサラリーマン
・さえないエンジニア
・お金好き、お酒好き、読書好き

■資産形成の方針
・仕事:開き直ってストイックに稼ぐ
・節約:消費するよりアーリーリタイア
・投資:パッシブに増やす

■投資の内容
・インデックスファンドの積立投資
 (先進国株式、ゴールド)
・利用している主なファンド
 eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
 たわらノーロード 先進国株式
 SMT ゴールドインデックス・オープン(為替ヘッジあり)

資産推移

資産状況202006

検索フォーム